フランスの子育て事情!フランスのママが輝く理由とは!

ノンカテゴリ

フランスの子育て事情!フランスのママが輝く理由とは!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

日本でも女性進出が言われる昨今。それでも子供を持つ女性が自立しにくいのは何故なんでしょう?

・保育園が入園待ちだったり、子供を預けられる施設や制度が不足している
・核家庭が増え、祖父母から保育のサポートを受けにくい
・公的な休暇が少なく、仕事の休みが取りにくい
・経済的に子供を預ける余裕がない
・子供ができたら家庭に入るものという古来の社会風潮がある

働きたくても現実問題これらの問題が大きな壁に。。

日本と全然違う!子育て先進国フランスのすごさ!

仕事も子育ても両立させたい!そんな願いをかなえるフランスの女性!ヒントは「産める国フランス」の子育て支援にありました。

フランスのママが自分らしく働きやすい5つのポイントとは!

1・就業時間が一定している

フランスでは、男女とも決まった時間内に仕事を切り上げるので、子育て中のママたちが引け目を感じながら定時で帰るということもありません。フランスの職場は男女が平等であり、「残業することが当たり前」といった風潮もないのです。

出典 http://moomii.jp

2・休暇制度が整っている

フランスでの育児休業は、出産から3年間です。日本で法律的に保障を受けることができる育児休業は出産から1年間…。
一番手のかかる時期に十分な休みが取れるフランスの休暇制度は、女性に対してとても手厚いといえるでしょう。

出典 http://moomii.jp

3・働き方を自分で選ぶことができる

フランスの出産休業期間は出産から3ヵ月。3ヵ月で職場に戻るママも入れば、3年間育児休業をとって育児に専念するママもいます。
フランスは、そんな多様な女性のライフスタイルが、当たり前に認められる国でもあります。

出典 http://moomii.jp

フランスの「パート」は日本の「パート」と全然違う!

フランスでは、「子育てを優先したい」というママが出産後に選ぶのは、パートタイム労働。日本でのパートタイムと違って、フランスのそれは正規雇用の職員として、出産後3年間の身分が保証されます。

出典 http://moomii.jp

4・保育・教育システムが整っている

子供が小さいうちは誰かに面倒を見てもらわなくてはならないのは、日本もフランスも同じですが、フランスでは0歳児から入れる保育園が多く、保育ママなどの、きちんと認可を受けたサービスが充実していているので、預け先の選択の幅が広いため職場に復帰しやすいのだと言えるでしょう。フランスでは3歳から学校に入り、学童保育も充実しています。

出典 http://moomii.jp

5・補助金制度が整っている

フランスではさまざまな公的補助金制度があります。そして、子供を預けてでも働くメリットを実感しているママがたくさんいます。
また、フランスでは基本的に公立校なら授業料が高校まで無料で、大学も入学金などはなく、年間数万円程度の金額で十分な教育が受けられます。

出典 http://moomii.jp

いかがでしたでしょうか?育児大国フランスと日本との違い。女性が働ける環境をもっと整えていけるよう声を大にして社会全体が働くママを支援する社会になるよう祈るばかりです。


話題のキュレーションサイトって何?

キュレーションとは:IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。今後の市場規模は高い成長が見込まれている。キュレーションで新しい価値を共有して自分の財産にしてみませんか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
  • Relux

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

Relux